失敗しない基本的なスキンケア方法

スキンケアは過不足なく行うことが大切です。加齢とともに肌の新陳代謝や皮脂分泌量は変化していくため、その時の肌の状態に合わせて適切なスキンケアを行うことが大切です。
20代であれば、洗顔やクレンジングの際にゴシゴシとこするような摩擦は避けることが大切です。30代になるとホルモンバランスも変化していくるため、保湿やUVケアも大切になってきます。
スキンケアの基本である洗顔では、洗顔方法が正しくなければ、その後の化粧品でのケアやマッサージを行っても効果がでないだけでなく肌トラブルを引き起こすことがあります。洗顔は1日2回までにします。朝は軽めに行い、夜は肌の新陳代謝も行われるため念入りに行います。メイクをしている場合には、クレンジングもきちんと行います。顔の皮脂は、30度くらいで溶け出すため、30度以上のぬるま湯を使って洗い流すようにします。冷水では汚れがうきにくくなり、毛穴の汚れが落としきれなくなるため、皮脂を浮かしてキレイに洗い流すことができる30度以上のぬるま湯で洗い流します。
潤っている肌は多少の刺激でも影響を受けず、新陳代謝が活発があれば肌はすぐに生まれ変わるため、ダメージを受けてもすぐに回復することが可能です。肌の潤すためには、保湿がポイントです。洗った分だけ補うことが基本です。顔の皮膚は、常に外気にさらされています。ホコリや花粉、乾燥、紫外線だけでなくメイクなどさまざまな刺激を受けています。潤いバランスを整えるためには、汚れを落として清潔な状態にすること、不足している保湿成分や栄養を補うことがポイントです。そのため、洗顔後には、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分や肌細胞を元気にするビタミンAやビタミンEが含まれている化粧品を使います。

★スキンケア商品の代表
トレチノイン
★ほくろ除去もスキンケアに含まれます
ほくろ除去の値段はいくら?
★まつ毛を育てて目元に視線を
ケアプロストで印象的に